MENU

銀行カードローンの審査って厳しいの?

 

銀行カードローンは消費者金融系のカードローンと比べると審査が甘いと言われています。しかし、それも比較的甘いというだけであり、条件が整っていないと審査をパスするのは難しいでしょう。例えば、十分な返済能力を持っていたとしてもすでに延滞中であったり、過去に返済に滞りがあるなどの事故情報があれば審査をパスするのは難しくなります。今は総量規制のために年収の3分の1までしか借り入れを行うことができません。しかし、銀行カードローンに関しては総量規制対象外となっていますので、年収の3分の1以上の借り入れも可能となっています。だからこそ今多くの方が銀行カードローンを利用することを検討しているわけですね。

 

実は一般的な消費者金融のカードローンの審査は通ることができなかったけれど、銀行カードローンなら審査をパスすることができたという話は少なくありません。これまでは銀行からお金を借りるとなるとこれから事業を始める方たちなどが利用するというイメージがあったかもしれません。しかし、ニーズの多様化、戦略の多様化に伴って銀行は小口融資に対しても力を入れているんですね。そこでユーザーが手軽に審査を受けることができる銀行カードローンが登場したというわけです。

 

銀行カードローンで審査をパスするためにクリアしておきたい項目として「十分な返済能力を持っていること」が挙げられます。仮に借入金額が少ないとしても返済能力が伴っていなければ基本的に審査をパスするのは難しいと言わざるを得ません。しかし、特に借り入れもなく、十分な返済能力があれば銀行カードローンからの融資を受ける可能性は十分あるといえます。審査を受けてそれを通過することができなかったからといってペナルティーを受けるわけではありませんので、まずは気軽に審査を受けてみることをおすすめします。

銀行カードローンおすすめポイントの確認

銀行カードローンは消費者金融系のカードローンよりもメリットがたくさんあります。もちろん共通している部分もあるのですが、多くの方たちが銀行カードローンを選んでいるのには理由があります。そこでここでは銀行カードローンのおすすめポイントについて紹介していきます。

 

とにかく急ぎたい!口コミで選ばれている最速キャッシングはここ!
アコム プロミス

▲アコムのページヘ

▲プロミスのページヘ

 

即日審査で融資に対応

最近の銀行カードローンは、即日審査・即日融資に対応しているところが増加傾向なのがおすすめポイントの1つ。これまでは銀行からお金を借り入れする場合は1週間から1ヶ月もの期間を待たなくてはなりませんでしたが、カードローンという形を取ることによって即日審査にも対応することができるようになっています。

 

金利が低い

銀行カードローンの一番もおすすめポイントは何と言っても低金利で融資を受けることができるということ。金利が低いところだと年4%台もたくさんあります。また金利の上限もそこまで高くないため少しの金額の融資を利用したい!といった場合でもそこまで金利を気にしなくて大丈夫というのは大きなメリットです。

 

利用目的は自由

銀行からお金を借りる場合は利用目的がはっきりと決められているものばかりでした。例えば住宅ローンだと住宅のために、自動車ローンなど自動車の購入のためにしか利用することができませんでした。しかし銀行カードローンは借り入れしたお金は自分の好きなように利用することができます。買い物に使っても良いですし、旅行などに出かけるための資金として借り入れすることもできます。

 

ユーザビリティが良い

銀行カードローンのおすすめポイントの1つとしてユーザビリティの良さが挙げられます。その銀行のATMやコンビニATM、さらにはインターネットバンキングなどを利用して自宅からの借り入れも可能となっています。最近ではスマートフォンに対応している銀行カードも増えていますので外出中、どこでも借り入れができるというのは嬉しいですね。

銀行のキャッシングを上手に使う方法

消費者金融の総量規制という決まりについてご存知ですか。これは改正貸金業法で新しく作られた決まりで、収入の3分の一以上の借入を行うことが出来ないというものです。この決まりは多重債務などが社会問題になっていたことから制定されたもので、安易に借りない、貸さないということを法律で実体化したようなものです。

 

総量規制が制定される以前には、消費者金融や信販会社の判断次第で、収入の3分の一以上の融資も行われてきましたが、現在では消費者金融からは収入の三分の一を超える借入は出来ません。個々人の借入や返済に関わるデータはすべて、信用情報機関というところに保管されており、ばれないだろうと思って、他の消費者金融のカードローンに申し込みを行っても、審査においてはねられてしまうのはそのためです。

 

このようにこれ以上消費者金融からの借入が出来なくなっている場合でも、総量規制の対象外であるローンを利用することは出来ます。住宅ローンやマイカーローン、医療ローンなどがそれに相当します。他には借入を行う方に有利になるような融資であれば可能という決まりがあります。複数の借金がある方でその金額が収入の3分の一を超えている場合でも、これらを一本化してまとめることにより、利用者に有利になるのであれば、総量規制の適用を受けずに済む場合があるということです。ただしおまとめローンの会社は、申込みを行った方に十分な返済能力があるかどうかを厳しくチェックしますので、申し込んだからといって必ずしも受け入れられるというわけではありません。

 

銀行のカードローンは総量規制の対象外になります

同じカードローンであっても、銀行のかードローンと消費者金融などのカードローンでは適用される法律が異なります。総量規制は貸金業法上の規定、消費者金融や信販会社などがこれに相当します。他方で銀行のカードローンは銀行法により規定されていますので、総量規制は銀行のカードローンには適用されません。銀行以外には信用金庫や信用組合からの借入がそれに当たります。では収入の3分の一以上の借入を銀行などからすんなり行えるかというと、金利条件の良い銀行からのローンは、審査が厳しく審査に通らない場合もままあります。

 

このような場合、便利なのが銀行のキャッシングで複数社にわたる借り入れをまとめる方法です。銀行のキャッシングであれば、消費者金融の金利よりも低く、支払金額を抑えることが出来ます。消費者金融数社からの借入の返済日がまちまちで、支払金額もかさんできた方は、一度この銀行のキャッシングへの借り換えを考えてみてはいかがでしょうか。

人気のカードローン一覧

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス

4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム

3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル

4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット

3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン

4.9%〜14.5% 500万円 最短即日